育休

再び溶連菌でした(産休46日目)

こんにちは、ともひでです。

息子くん病院行った結果またまた溶連菌でした。2週間前と症状が全く同じだったのでそうだと思ったけど、ほんとよくもらってくるよ。

2週間前は薬飲んで1日で治ったけど、今回は3日目でも熱下がらずしんどそう。早く治るといいんだけど。。

溶連菌による咽頭炎を発症した幼児の10~20%が1年以内に再発するそうですが、息子は2年間のうちに10回はかかってます。

溶連菌はなくせない?

子どもが集団生活している保育園や幼稚園では菌を喉に持っているけど発症しない保菌者が5~10%存在するそうで、溶連菌が発症した児童がでた場合、保菌者は数10%に増加します。100名の集団で1人発症した場合、数人が発症し、数名は発症しないで保菌者になります。そして保菌者の30%は1ヶ月以上溶連菌を保菌し続けます。 また治療をしても10~20%は除菌されずに保菌者になるといわれています。さらに軽い咽頭炎であり、治療を受けなかった児も保菌者になります。このように保菌者が多く存在し、なかなかなくすことができません。 保菌者に対し、治療する必要はありません。

溶連菌には10種類くらいあり、息子は全く免疫がつかないみたいで繰り返し溶連菌にかかってしまいます。仕事している時もしょっちゅうかかって、仕事を休ませてもらうことがよくありました。

溶連菌の予防としては一般的な風邪と同じように手洗い・うがいなどがありますが、小さい子供たちはどうしても接触機会が多いので防ぐことは難しいです。いっぱい食べていっぱい寝させることで免疫力が上がってくれたらいいんですけどね。

それでは、このへんで。

ABOUT ME
ともひで
32歳の男。2022.6~1年間育休パパしてます。2022.6.3〜育児奮闘ブログ開始、3歳の息子と0歳の娘の成長記録や、日々の出来事を書き残しています。 育休中にできることをしようと、今はカメラマンの勉強中です。